フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

旅行・地域

横須賀基地を観てきました( ´∀`)⑥南極観測船「しらせ」とアメリカ海軍基地

しらせの外観です

主機関の排気筒

IMGP8108

マストになります

IMGP8109

しらせは南極への物資輸送も大きな任務の一つ、

IMGP8089

なので荷役クレーンが4機備わっています。

コンテナも搭載可能です

IMGP8075

人がゴミのようだ(・。・;

IMGP8118

…船の大きさがわかりますね

その後はアメリカ海軍基地へ

既に、横須賀基地でヘトヘトになっていたのでタクシーで、

16号が動かないとの事で

裏道をクラクション鳴らしまくりで

ドブ板通りをぶっ飛ばすタクシー


ようつべカスタマイザ

頭の中ではセガの「クレイジータクシー」のテーマ、

Offspringの「All I Want]が(・。・;

基地に入ると英語表記ばかりですが

IMGP8121

いきなりのマック(笑)

IMGP8122

でもサイズはアメリカナイズド

IMGP8123

この後、暫く歩きましたが

この時点でスマホの歩数計は1万歩を突破

IMGP8125

従兄弟の汗のかきかたが尋常ではなく

目が「逝っていた」ので

ヤバイと思い近くの映画館へ入りました

実は間一髪でした。

皆様、炎天下では十分休息を取りましょう(学習)

横須賀基地を観てきました( ´∀`)④南極観測船「しらせ」ブリッジ見学

今回のしらせは操舵室にも入ることが出来ました

IMGP8097 IMGP8098 IMGP8099

今は穏やかな海ですが…

IMGP8101

一度外海に出るとこんな感じ

IMGP8100

IMGP8102

南極の地図

IMGP8106

船のステイタスがわかるディスプレイ

IMGP8104

GPS装置

少し下ると船員さんの食堂、金曜日はカレーなのかしら

IMGP8113

入り口には自販機もありました

床屋さんがありました

IMGP8114

確かに半年とか出てしまうから

IMGP8115

髪が伸びてしまいますよね(=o=;)

ここからは船員の方々の居住スペース

DSC_0411 DSC_0412 DSC_0413

洗濯機が沢山並んでいました

DSC_0416

お風呂も有るようですね

横須賀基地を観てきました( ´∀`)⑤南極観測船「しらせ」

南極観測船「しらせ」

まず入ったのがヘリコプター格納庫

IMGP8079

南極の石が置かれていました

IMGP8078

そして「南極の氷」

IMGP8083

触るとシュワー…プチプチという音

IMGP8084

この氷、よく見ると気泡が沢山入っています。

この気泡数万年前の空気が凍ったものだそうです。

ワタクシ達数万年前の空気に触れたわけですね

艦内にあったペンギンの像

IMGP8086

…まさか実物大??

まさしく実物大でした(;´Д`)

IMGP8087

皇帝ペンギンだそうです

こんなデカイんですね(=o=;)

こうしてみると、大きくて

IMGP8095

高い船だなって実感わきます

IMGP8075

そんな場所を鉛筆絵風に

IMGP8093

横須賀基地を観てきました( ´∀`)④南極観測船「しらせ」

実は護衛艦見学の時から

気になっていた

IMGP8060

南極観測船「しらせ」の存在

たまたま帰って来てるのかな?と

(南極は冬ですから…)

思っていました

でも、良くよく見ると

IMGP8066

人がたくさんいるではありませんか

それにアナウンスで、しらせの艦内も見れると言うことで

ワタクシ、5回横須賀に行ってますが

しらせを見るのが初めてでテンション👆👆

IMGP8068

実は意外と大きい船です

特徴的なのが船首がだんごっぱな並に丸いこと

IMGP8067

只、一番下辺りが尖っています

この部分で砕氷し(1.5m厚)

それ以上は船体を200m程後退させて全速力で乗り上げて

船体の自重で砕くチャージング(ラミング)砕氷を用います

その為船首が丸いんですね

また、船首に無数の穴が空いてますが

IMGP8107

プール一杯を1分で貯めることが可能な

高性能ポンプで一気に水を噴射

融雪をして航行します

そんなしらせの観覧待ち時間は40分

IMGP8069

灼熱の中での待機…死ねる

IMGP8072

待った甲斐があって乗り込みます

IMGP8074

急な外階段の先には…続く

横須賀基地を観てきました( ´∀`)③陸自の車両

今回の撮影では

アニメチックトーンを多く用いていますが

IMGP8050

顔を隠すのが面倒だからではない…決して(^_^;)

ミサイル発車車両がいました

IMGP8056

何が搭載されているのかなと思ったら

IMGP8057

記憶に新しい「湾岸戦争」で名を馳せた

IMGP8058

「パトリオット・ミサイル」だそうです

特別遊撃隊?の高速ボート

IMGP8045

今回は18歳~27歳の方で身長90cm以上の方限定

…ってスカウトしようとしてます??

小さな力持ち

IMGP8063

大型船を曳航する

タグボートです

田浦駅に近い

このあたり

軍港とは思えない

IMGP8091

のんびりとした風情があります

写真は海洋観測艦AGS-5105「にちなん」

IMGP8076

実は潜水艦とともに

海洋観測艦の内部はトップシークレット

おそらく展示艦になることは無いでしょう

横須賀基地を観てきました( ´∀`)②あすかからの遠望

あすかから望遠にて撮影

修理中のアメリカ海軍

IMGP8042

イージス艦が見えます

例の事故戦艦と思いましたが

番号が違いました(=o=;)

CG54「アンティー・タム」です

例の艦はヤードに停泊していました

IMGP8044

痛々しい傷口をそのままにしていました

DDG62「フィッツジェラルド」です

手前にピンクの戦艦が見えますが

IMGP8080

実は宿泊専用の艦です

いつもは接岸されていますが

今回はタグボートで曳航されていました

ここからでも事故の爪痕が見て取れます

亡くなられた船員さんのご冥福をお祈りします

今回も潜水艦の艦橋を見学できました

IMGP8062

今回はたかなみでした

なんでも、潜水艦では

IMGP8059

消臭タオルなるものが採用されており

艦内の消臭に一役買っているのだとか

今回は陸自の駐屯地からの応援も来ていました

軍用車両です

IMGP8051

TOYOTA製です

IMGP8054

ATですΣ(゚Д゚)

メガクルーザーと同じシャーシらしいですよ

IMGP8055

さすが走破性は確保されているようです

横須賀基地を観てきました( ´∀`)①試験艦「あすか」

8月5日の話

あちこちでお祭りが行われたようですが

横須賀もサマーフェスタと言う事で

海上自衛隊の基地開放

それに、アメリカ海軍基地の

オープンベースもあり

大変賑わって居りました

IMGP8119

今回の見学は6102艦試験艦「あすか」と

IMGP8064

潜水艦「たかしお」です

まずはあすかに乗船です

IMGP8037

ミサイルが見えます

IMGP8038

軍艦だとあまりにも

絵的に地味なので

かなり手を加えました

IMGP8040

アニメトーンに

IMGP8047

コチラもアニメトーンにて仕上げました

IMGP8048

あすかの船尾部分

IMGP8049

アンテナが見えます

鈴鹿パレラン前夜祭③四日市夜景撮影

今度は場所を変えて撮影してみました

IMGP7944

この設備が何を意味してるのか?

IMGP7942

それを想像するだけでも面白いです

まさに不夜城の如しです

IMGP7957

(撮影時間AM1:30)

今度は望遠で狙って見ました

IMGP7956

フレアも撮影に挑戦

IMGP7950

さながらクリスマスツリーのようですね

IMGP7957

これも単焦点レンズで撮影…かな??

IMGP7941

明るい単焦点レンズ+F値開放

=こんな写真が出来上がります

IMGP7961

夕方のような感じですが

見事な丑三つ時でございますm(_ _)m

903さん、お仕事帰りでありがとうございました。

鈴鹿パレラン前夜祭②四日市夜景撮影

今更感のある話ですが

四日市=工場夜景

IMGP7917

ホテルからもくっきり見えます

という訳で仕事帰りの

四日市在住、903さんの案内で

IMGP7928

日が明けてからの… 

 工場夜景撮影です

IMGP7922

雪猫さんとお友達の方も

カメラを持ってこられて

IMGP7923

撮影してらっしゃいました 

 四日市の大正橋付近

コスモ石油四日市プラントです

IMGP7931

なんというか

いつ見ても息を呑む迫力と

煌びやかな感じ

FFを彷彿とさせる世界観はなんとも

筆舌に尽くしがたいですね

地元の海は真っ暗ですからね(^_^;)

ここからは単焦点レンズで撮影してます

IMGP7936

光のスジが少々違いますね

IMGP7937

海の方も狙って見ました

【記録が紡ぐ縁】10年越しの再会

皆様こんばんは

我が社でも

賞与を頂戴いたしまして

折しも5連勤の後の2連休

コレはリフレッシュしなくては…

IMGP7742

そんな訳で大井川鐵道を目的地に設定

IMGP7747

往復切符で鉄旅

IMGP7749

写活をしながら

ハイドラで取りにくかった

奥大井の道の駅も獲得してこようと相成りました

まずは鉄板の川根温泉笹間渡駅から近くの

IMGP7753

道の駅「川根温泉」で湯浴み

IMGP7765

…の前に写活デス

IMGP7760

…実は加工してありますが

IMGP7762

逆光だったんですよね(;´Д`)

元写真は正面側が黒く潰れていました…

IMGP7763

なので湯浴み後

IMGP7768

順光側でリベンジ

IMGP7770

その後は

IMGP7782

千頭の道の駅

「音戯の郷」で涼もうと考えて居りました

IMGP7796

もう既に汗だくだったので…

駄菓子菓子

火曜日定休の罠(;´Д`)

2017-07-11_04-30-38

どうするんだよ…2時間も有るよ…

テンションダダ下がり⇓⇓

冗談抜きで途方に暮れる…

取り敢えず昼食を済ませ

ふらっと山里の街を散策

大井川の川風が心地良い

IMGP7797

チョットの散策で気持ちが復活した後

(なんとか1時間半潰した)

千頭駅に戻ると

IMGP7801

何処かで見たことがある女性

IMGP7815

********

以前の記事「カメラ遍歴」で

ちょこっと出てきましたが

遡ること10年前にも

大井川鐵道を訪ねていました

奇しくも、その日の朝のラジオで

「大井川鐵道に女性の車掌さんが誕生しました」と

伝えていましたので、会いたいなぁと思いながら

アテンザを走らせ

P1010003

新金谷へ

P1010004

当時も同じルートを通り

千頭からSLに乗りました

その時の写真がコチラ

P1010017

と同時に

女性の車掌さんにもお会い出来まして

写真に収めさせて頂きました

P1010018

当時はまだ成り立てで

アナウンスの声量も小さかった記憶があります

*****

それが10年の時を経て

再会出来ました。

IMGP7812

きっかけは向こうから話しかけて来てくださいました

「沢山写真を撮られていますね。気に入りましたか?」との

IMGP7813

問に答え「実は10年前にも来てるんですよ

写真がありますが…」とお見せした所

「私ですね…懐かしい

歳を取りましたね…」と仰っていました

まあ、歳も取りましたが

ワタクシの場合、ボディも堂々の3ナンバーサイズになりましたが(苦笑)

思い出話もそこそこに

業務に戻られました

本来ならばのんびりと乗る

IMGP7808

SL列車ですが

その息吹

IMGP7810

山里に木霊する警笛を

少しでも感じてもらいたくて

動画を作成しました

少しでも蒸気機関車の息吹、鼓動を感じてもらえば

幸いです

といいいますか

どうしてでしょう…こう、内燃機関にときめくのは…

クルマ好きの性がそこに有るのでしょうか

車掌さんも10年前と比べると

かなりお上手になられています

そして、業務の途中でまたお話に来てくださり

写真に収めさせて頂きました

IMGP7835

そして、終点新金谷の駅に到着

IMGP7840

ここで再会を誓い

お別れしたのでした。

大井川鐵道は運賃が非常に高く

千頭~金谷間往復きっぷで3400円

急行は指定席制で+800円

ただ、SLを運転させるには、非常にコストが掛かるのと

井川線が度々災害でダメージを受けているので

仕方ないと言えば納得の行くお値段です

しかも、経費削減の為

一昨年?に本数を4割削減しています

4割ですよ!もう少しで半分削減ですよ

計画的に行かないと、同じ県内でも日帰り不可能になります。

IMGP7842

でもアットホームな社風は無くしてほしくない

乗って残しましょう。この大事の財産を…

IMGP7843

より以前の記事一覧