フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 三陸旅裏話⑥猊鼻渓 | トップページ | リピート買い »

三陸の旅裏話最終話 帰還

気仙沼行き列車がやってきました

IMGP9574

この列車が行き過ぎれば

10分ほどで一ノ関行きがやってきます

このライトを見た時は

IMGP9578

安堵の空気に包まれましたね

足がしもやけになっていました(ToT

腹いせに??

帰りもグランクラスで東京まで

IMGP9487

今度は和軽食

魚の煮付けにおこわ、その上にホタテが乗っていました。

…和軽食のほうが豪華なのか?

帰りはやまびこではなく

速達の「はやぶさ」でした

はやぶさは福島、栃木を完全スルーするのでMAXスピードで走行します

そのスピードは320kmΣ(゚Д゚)

GPSで図ったら郡山駅で315km出ていました。さすが新幹線

DSC_0616

で、遠出して、グランクラスに乗って

楽しかったはずなのですが…

自分の車に戻って来ると

DSC_0500

ホッとするのはなぜなのでしょうか?

知らない街から知ってる街へ帰還したから?

それとも半分家みたいなものだから?

不思議なものです(^_^)

コレにて東北の話は終了になります。

年またぎになりまして申し訳ありません

明日は気仙沼のお土産の話です

« 三陸旅裏話⑥猊鼻渓 | トップページ | リピート買い »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三陸の旅裏話最終話 帰還:

« 三陸旅裏話⑥猊鼻渓 | トップページ | リピート買い »