フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 日産エンジン博物館に行ってきました | トップページ | 横浜エンジン博物館に行ってきました③ »

日産エンジン博物館に行ってきました②

クルマ好きなら

結構堪らないエンジン

なにせ、これがないと車が動きませんからね

まずはコチラのエンジン

IMGP3495

赤ヘッドに6気筒エンジン

現行GT-Rにのみ搭載される

IMGP3496

VR38DETTエンジンです

ココで解説

VR=エンジン形式

38=3800CCの排気量

D=ツインカム(DOHC)

E=電子制御燃料噴射

T=ターボ(過給器付き)

TT=ツインターボ

IMGP3499

ちなみにこのエンジンは

手組みで制作されています

なので銘板が刻まれています

IMGP3498

さて、ココからは、日産を支えたエンジンのご紹介

初代プリメーラよりの搭載

IMGP3502

SRエンジン

これはDOHCの「SR20DE」

IMGP3504

プリメーラとありますが

シルビアのエンジン等として

1600~2000CCのターボまで

IMGP3503

幅広く、最近まで採用されて居ました

ワタクシの場合

マイナーですがプレセアと言う車に乗っていまして

その車に「SR18Di」(一箇所だけ燃料噴射装置が付いている

廉価版)が該当していました

« 日産エンジン博物館に行ってきました | トップページ | 横浜エンジン博物館に行ってきました③ »

車ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571094/64639074

この記事へのトラックバック一覧です: 日産エンジン博物館に行ってきました②:

« 日産エンジン博物館に行ってきました | トップページ | 横浜エンジン博物館に行ってきました③ »